更年期障害や大腸がんを治療|健康を維持して長寿を目指す

病院

脳の病気を治す

女医

脳動静脈奇形とは脳血管の奇形の事を言い、脳の表面や脳の内部や硬膜など様々な場所に発生します。脳動静脈奇形は異常がみられる静脈と動脈がひとかたまりになっているところに、流入動脈から多くの血液が流れ込んで流出静脈から流れ出ていくという症状が現れ、くも膜下出血やてんかんといった症状が現れることもあります。脳動静脈奇形の症状で最も多いのが脳内出血で、脳内出血が起こってしまうと体が麻痺してしまったり言語障害が出たり視野性が出たりしてしまいます。
脳動静脈奇形の症状が現れた場合には、まず脳内出血やくも膜下出血の症状が落ち着くのを待つ必要がありますので入院をしましょう。てんかんの症状が出ている場合は抗てんかん薬を投与して、症状が安定するまで安静にしておきます。症状が落ち着いた後は脳動脈奇形を外科手術で全摘出する治療を行なうのが一般的ですが、患者の年齢や脳動静脈奇形が出来た場所などによっては手術が出来ない場合もあります。手術ができない場合は、血栓術などの血管内治療やガンマナイフを用いた放射線治療などが行なわれます。
脳は非常にデリケートですので脳動静脈奇形の治療を受ける際には出来るだけ技術が高いドクターがいるクリニックを選ぶようにしましょう。クリニックのホームページをチェックすれば、ドクターのキャリアを見ることが出来ることもありますので参考にしましょう。また、病院の口コミサイトなどでは実際に治療を受けた人の感想なども掲載されていますので、より参考になる情報が掲載されていることがあります。