更年期障害や大腸がんを治療|健康を維持して長寿を目指す

病院

大腸のがんを予防する

案内

これまでの日本は野菜と魚中心の食生活でしたが、近年は欧米の肉中心の脂っこい食生活が浸透して日本の食卓は大きく変化しています。このような肉中心の食生活になるにしたがって増加してきた病気として挙げられるのが、大腸がんです。肉を多く摂取して野菜が不足することによって腸内環境が悪化し、大腸がんが起こってしまうのです。また、腸内環境が低下することによって全身の免疫機能も低下してしまいますので、大腸以外のがんを引き起こすリスクも高まってしまいます。肉中心の食生活を改めて食物繊維を多く含んだ野菜をしっかり摂取することで腸内環境を整えて、大腸がんを防ぐことが出来ます。
大腸がんが発生してしまった場合には早期発見によって完治させることができますので、初期症状を把握してすこしでも当てはまる場合はすぐ病院で検査を受けましょう。大腸がんを早期発見するためのヒントとなるのが便の状態で、血便や下血や下痢といった症状が繰り返されているような場合は大腸がんにかかっている可能性があります。また、その他にも便が細くなったり残便感が残ったり腹部の張りを感じたり、腹痛や貧血や急な体重の減少などが起こった場合には大腸がんの可能性があります。大腸がんの初期症状が出ている場合は、肛門科や消化器科や胃腸科などで検診を行ないましょう。大腸がんの検診方法は便に含まれている血液を調べる便潜血検査が有効と言われており、大腸がんの初期症状が出ていなかったとしても定期的にこのような検診を受けることで大腸がんを防ぐことが出来ます。